2014/03/04

フリーのWeb制作の未来について考えてみた

Web制作

OZP85_ikidaoresagyouin1188500

フリーのWebデザイナーさんたちと話す機会があるたびに、ついつい未来についてどう考えているか聞いてしまう私ですが、皆さん一致している見解が「普通にデザインを作るだけでは食えないよね」というところ。ヒアリングの結果、恐らく下記のどこかに特化していくことになるのではないかな。

どのジャンルに特化していくか?

●デザインを極める ⇒ アートディレクター系
●顧客の利益アップのサポート ⇒ マーケティング系
●サイトの運用など ⇒ 企画・運用系
上記の他にあるとすれば、コンサル系とか講師系か。
(※経営とプログラム系は含んでいません。)

作るだけではだめ

ほんと「作るだけじゃだめ」というのは、危機感のあるデザイナーさんたちは皆感じていますよね。
フリーのWeb制作者の壁って、業務を拡張しようと思うと、「雇用」と「事務所」で、一気に固定費が跳ね上がり、リスクが高まるというあたり。そこで、躊躇してしまうケースは少なくないと思います。しかも、経営もしなければならなくなる。私を含め、周囲でも多い悩みです。法人化する・しないに関わらず。

もちろん、外部制作スタッフをたくさん抱えて、フリーのまま案件を回していく方法もありますが(コンサル系、プランニング系には多い)、そうなると社内に制作のノウハウが蓄積していかないという残念な問題にブチ当たることにもなり、いずれにしてもかなり悩ましい状態です。

話しが少しそれましたが、フリーの制作者は「何かしら制作以外のプラスアルファ」を持っているといいよねってことです。できれば、一つじゃなくていくつか。そして「数字から逃げない!」ことも、とても大事です。(ここは、私もあまり得意ではないのですが・・・)

もう一つ。
フリーのWeb制作者は、まだまだすごく重宝されるので、もっと一人一人が情報発信したらいいんじゃないかなと、強く思うのです。あちこちから「フリーのデザイナーさんはいませんか?」とよく聞かれるので。

ということで、フリーのWeb制作者さんは、ちゃんと独自ドメインでWebサイトを持ちましょうね!

Shikama.netトップへ戻る

このページのトップへ