2015/02/02

co.jpドメインの「取得条件」と「必要になる情報」

Web制作

先日、co.jpドメインの取得代行をおこないました。
他のドメインと異なり、法人でなければ取れないドメインで、そのため通常のドメイン取得の手続きと違う部分がありますので、記載します。

ムームードメインで取得した場合の内容になっていますので、他のレジストラでは少し違う部分があるかも知れません。

co.jpドメイン取得の際に必要になる情報

(1)担当者の情報(担当者名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなど)
(2)技術者情報(必要な場合)
(3)会社の登記情報
登記年月日、登記地都道府県、登記地住所、代表者名、代表者名(ローマ字)

※(3)が、「.com 」「.net」「 .jp」などのドメインを取得する際と異なる部分です。登記していることがわかる情報が必要なんですね。

.co.jp取得には以下の条件が必要となります。

更に下記のような条件が必要です。

1. 『 .co.jp 』ドメインは日本国内に登記のある組織が対象となるドメインです。
2. 取得から6ヶ月以内に法人登記簿を取得し本登録する必要があり、期限を過ぎるとドメインが廃止となります。
3. 1組織につき1ドメインとなりますので、同一組織で複数の『 .co.jp 』ドメインを取得することはできません。
4. 担当者情報の代理公開はできません。
5. 法人登記が確認できない場合は、JPRSによってドメインを取り消されます。

ムームードメインに掲載されている情報ですが、他の会社で取得した場合も、条件や必要情報はほぼ同じです。法人登記前に取得することもできるのですが、6か月以内に本登記しておかないと、ドメインが廃止になってしまうことがありますので、ご注意を!

co.jpドメインは法人のみが取得できるドメインです!

co.jpは上述した通り、法人登記していることを証明できる場合のみに取得できるドメインなので、誰でも取得できる「.com」「.net」「.jp」と比較すると、非常にプレミア感があります。1社につき1つしか取れないということろも、特別感がありますね。

もし法人登記されている方で「co.jp」ドメインを持っていない方は、年間のランニングコストも数千円ですので、使う・使わないにかかわらず、取得しておくとよいのではないかと思います。Jimdoカラーミーショップにも使えますよ。

Shikama.netトップへ戻る

このページのトップへ